月別アーカイブ: 6月 2016

結構前の話ですが、私が20歳の頃、背中の痒み

結構前の話ですが、私が20歳の頃、背中の痒みがひどく見てみると多くの吹き出物ができていたんです。すぐに皮膚科にかかりました。すると、先生から、「背中の吹き出物はニキビと判明しました。原因は食事の偏りなんですが、脂分の多い食べ物ばかりになっているんじゃないですか?」と聞かれてしまいました。
チョコがもっともニキビができやすいそうです。
乾燥肌の人には保湿することが重要です。
乾燥肌の人は保湿を外からも内からも怠らないでください。
体の外からという意味は、肌に直接水分補給を行って、保湿を行うという意味です。
顔を洗う時は刺激の低い洗顔料を使うか、洗顔料を利用しないでぬるま湯で軽く表皮に付着した汚れを流すようになさってください。
軽く顔を洗った後には、すぐに化粧水で肌をケアしてください。
敏感肌なのだからといって、敏感肌専用のスキンケア用品を使っていけばいいというわけではありません。お肌の状態は人それぞれで違ってきますので、肌の状態が過敏になっている時には、必ず使用する以前にパッチテストをやるようにしてください。
それと、肌の水分を損なわないためにも洗顔を正しいやり方で行うことが重要となってきます。ひどいニキビができてしまった時には、洗顔石鹸でピーリングを行うようにしています。
ピーリングを初めてした時には、肌に少しヒリヒリした感覚がありました。それで、ちょっぴり怖くなってすぐに中止したのですが、肌の状態が正常に戻ったら、ヒリッとした感覚が消えて、とてもきれいにニキビが治ってくれました。
それ以降、ニキビができてしまうとピーリングをするよう心がけています。洗顔をしっかりとふき取らないと肌荒れになることもあるので、すすぎを丁寧に行いましょう。
洗顔が終わった後には、使うのは、化粧水や乳液など、保湿をしっかりとやることが大切です。
肌を乾燥させないためには保湿をしないと、シワが発生しやすくなります。保湿をきちんと実行できれば、シワができない様に、予防・改善することができます。肌荒れの中でも、男女や年齢などに関わらず悩むのは、ニキビが圧倒的だと思います。ニキビとひとまとめにしても、何個かの種類があって、その原因もたくさんあります。ちゃんと自分のニキビの原因を知り正しく治療してもらうことがきれいな肌になる第一歩となるのです。ニキビの根本は、ホルモンがたくさんですぎることそれが理由だと言われています。ですから、伸び盛りにニキビになることが多いのです。ニキビを防ぐにはその中の一つが、寝る時間をいつも同じにする事です。これは、イキイキとした毎日の生活に繋がります。
ニキビは誰でも出来るだけ早く解消させたいものです。
ニキビは早く改善するためにも、とにかく手で触れないようにするのが重要なことです。
雑菌だらけの汚れた手で軽い気持ちで触っていると、ニキビを悪化させる原因となりますし、いじりすぎるとお肌のほうを傷つけてしまいます。